タイトルにあるようにWindows8の開発者向けにエロゲをインストールしました。
自分も入れてみたいという人は米国のMicrosoftから落とせます。
なお、普段使用しているものには絶対インストールしないようにお願いします。
インストールして不具合が出ても自分は責任持てません。自己責任でどうぞ。

ちなみにWindows8の開発者向けプレビュー版は英語で日本語版はまだ出ていません。
ちなみに入れたゲームソフトはアリスソフトさんの、「ランス・クエスト」です。
入れたPCはASUSの1215BでAMDのE-350のモバイルパソコンになります。

結論から言うと、普通に動きます。
今後どのようになるのか解りませんが、現状では問題なく動作します。
パソコンの関係で、今回のソフトでは解像度が合わず全画面表示を推奨されましたがw
触った感覚としては基本はWindows7を基本にしているみたいですし。
動くことは動きますが、癖があるので正直お勧めは出来ませんね。

使用感は?と聞かれると今までのWindowsとは作りが違うので使いづらいです。
Windows8自体作りが、タブレット端末を意識した作りになっているので。
ただ、実際にタブレット端末でプレイしたらどうなるのか?というのが解りません。
タブレット端末だとマウス操作が出来ない(?)と思われるので、どうなるのでしょうね。

それと基本的にタブレット端末はディスクドライブが無いので、ディスクチェックのある作品
たとえば戦極姫3~天下を切り裂く光と影~とかはタブレット端末ではプレイできませんね。
かといってノートやデスクのパソコンにWindows8をいれるとなると、プレイは出来ますが、
正直言って操作違う部分が多いので慣れるまで大変かな。
Metroスタイルというのがあって、それがノートパソコンで使用するにあたり若干面倒。
タブレット使用だとそのMetroがあると視覚的、直感的に操作できるので便利ですが。

Metroはauが発売しているWindows携帯の画面を想像してもらうとわかりやすいです。

簡単に言えば...
デスクトップ上にMetroというものを走らせ、そこに付箋をペタペタ貼っているような感覚。
タブレットならフリック操作できるので楽ですが、タッチパネルで無い場合、正直手間です。
それとデスクトップ画面にしても、スタートボタンをクリックするとMetroに変わります。
じゃあ如何したらシャットダウンできるの?と言われると少々面倒なのですが、

スタートボタンの左下(画面左下)にカーソルを置くとメニューが4つ出ます
その中にあるSettingsをクリック(日本語版だと設定になるのかな?)
右側に設定画面が出るのでその中のPower(日本語だと電源になると思われ)をクリック
すると電源切るの?再起動するの?スリープするの?と聞かれるので(選択画面がでる)
そこでシャットダウンを選択してようやく電源が切れます。

タッチパネルだと解りません。まだ試してません。
ただ、上記に書いたように一般パソコンとしては非常に面倒なことになってます。
プログラム自体も検索して使うという概念になっているので、プログラムを選択する時、
Metroに無いものはデスクトップ画面でメニュー表示、サーチ選択でアプリ選択。
アプリ(プログラム)表示させて選択という面倒なことをします。

なので自分は恐らくメインはWindows7を使い続けると思います。
とりあえず日本語版が出たらもう一度試してみたいと思います。

あ。ちなみにエクスプローラですが、リボン形式になっています。
リボンとはなんぞや?って人はOffice2007以降のメニュー表示を思い出してもらえれば。
ただ、起動時間は半端無く早いんだよな。

SSDに換装しているのもあるのですが、スイッチONから17秒程度ですし。